静岡県牧之原市の畑義治会計事務所
税理士・会計事務所をお探しなら

ブログバナー

事務所主催の各種セミナー

経営者支援セミナー2018

合同研修会

4月14~16日

北海道・釧路市から甲賀伸彦税理士事務所の皆様が来られ、合同研修会を行いました。以前から交流の機会があり、今回で4回目になります。

研修会では、甲賀先生・畑所長がそれぞれお互いの事務所の現状や取り組みを紹介し、その後グループディスカッションで悩みや取り組みの工夫点などを話し合いました。同じTKC会員の事務所ですので、方向性はとても似ており、「お客様の永続的発展のためには?」という視点で熱い議論を交わしました。

研修後は

地元で親睦会、2日目は箱根・熱海に行きました。富士山世界遺産センターや、箱根神社、大涌谷などを周り、熱海のホテルに宿泊。美味しい料理とお酒でとても楽しい宴会でした。北海道にお住まいだと、「富士山を見たことがない」「初めて新幹線に乗る」という方もいらっしゃいます。生憎の天気で富士山こそ拝めませんでしたが、とても楽しい旅行となりました。

 今回の合同研修と旅行は、とても刺激になり、モチベーションアップにもなりました。次にお会いするときには、事務所としてより成長した姿を見せられるよう業務に励んでいきます。

               【監査部 畑 智之】

総務部主催 「ヨガ教室」を開催しました

 11月18日、日頃お世話になっているお客様に仕事を離れて、リフレッシュして頂けるよう初の総務部主催「ヨガ教室」を行いました。
 講師のARASA先生はHip Hop、Jazzdanceのダンサー&講師として大変活躍されている方で、参加者全員、本場インドで習得されたヨガに魅了され、満足度100%の教室となりました。
 これからも総務部主催でイベントを行い、お客様同士の繋がりを広げ、畑会計事務所職員がより一層身近に感じてもらえる存在になれると大変嬉しく思いま                 す。


                 

経営支援セミナー2016 

◇事業性評価とTKCモニタリング情報サービスの概要◇

      【畑会計事務所 畑 義治・内藤 一徳】

 まず初めに、所長より金融モニタリング基本方針による「事業性評価」をご説明しました。今日の金融機関による企業評価は、単に財務データや担保・保証によって判断されるのではなく、事業内容や成長可能性といった部分を判定されます。事業性評価の入口は、迅速かつ正確な「月次決算」と「経営状況」を把握することが必要であるとご説明しました。

 次に監査部 内藤が㈱TKCより提供される2つのフィンテックサービスについてご説明しました。銀行信販データ受信機能を活用してのフィンテックサービスは今年の6月に当事務所で説明会を行っておりますので、特に今回は10月よりサービス開始となった「TKCモニタリング情報サービス」の説明を中心にしました。このサービスは、一見、金融機関にとってメリットがあるものと思われがちですが、実はこのサービスを使って自社情報を提供出来る企業にこそ、そのメリットがあるのだということを、統計値や図解を使って説明しました。

※詳しい概要は「おしらせ」項目をご覧下さい


◇紛争予防のために知っておきたい、

     雇用関係でありがちな法的トラブル◇  

        【静岡はるひ法律事務所 鈴木紀子先生】

 多く見られる法的紛争として

①解雇の有効性を巡る問題…解雇無効・損害賠償請求

②未払給与を巡る問題…残業代請求(近年増加)

上記2点があるとした上で、①について先生は従業員に落ち度がある場合でも「解雇するには、社会の常識に照らして納得できる理由が必要」と解説されました。②については固定残業代制や雇用契約に残業代不払いの約束がある場合など、ケース毎に内容と法的判断の基準について説明して頂きました。

 法律は難しいイメージがありますが、先生の解説は分かりやすく、参加された皆様に大変喜んで頂けました。      

◇雇用・労務管理上で知っておかなければならなこと

           知っておくと得すること◇    

【社会保険労務士・行政書士リリス事務所 中畑美保先生】 

 労使間トラブルを回避するには、まず問題を起こしそうな人材を見極めて採用しない事が重要だとおっしゃっる中畑先生。その為には面接時に「面接用質問票」を記入させ、前職の退職理由や健康に関する確認をすることが有効とのことです。また、雇用決定時には「雇入通知書兼雇用契約書」を発行し、雇用条件を明確に文書で伝えておく事や、正社員登用の基準を設けて予め伝えておく事が必要だと教えていただきました。

 その他年金の受給について、特に60歳以降の働き方についてや、平成28年度の雇用関係助成金のご案内もしていただき、とても充実した研修でした。       

金融機関との勉強会の様子

◆清水銀行 初倉支店 5月16日

 清水銀行様の取組みについて詳しくご説明頂き、地域企業の発展のために尽力されている事が良く分かりました。当事務所からは、事務所の取組みや特徴、企業で生前に行う相続対策、減価償却費の目的について説明させて頂きました。

◆島田信用金庫 6月14日

 島田信用金庫様より、融資の条件変更借換型についてや、お得なリフォームプラン又各種補助金制度のご案内等、今後お客様に提供出来る有益な情報を頂きました。当事務所からは、平成28年度税制改正についてとフィンテックサービスについて説明させていただきました。

◆焼津信用金庫 6月20日

 焼津信用金庫様からは、「金融を通じて企業に元気になってもらう為にも、今後財務会計を通じて会計事務所と意見をすり合わせていくことが、これからの本来のあり方ではないか」という有難いお言葉を頂きました。又金融円滑化法への取組み、職域サポートプランのご案内等を頂きました。当事務所からは、決算書から見抜く粉飾決算についての着眼点等を説明させて頂きました。

 ~今後とも各金融機関との連携を強化し、

          お客様へのサポートに全力で取り組んでいきたいと考えています~       

フィンテックセミナー開催(H28.6月)

 平生28年6月8日 当事務所にてフィンテックセミナーを開催致しました。まず、当事務所職員の田中から最近新聞などで話題になり始めたフィンテックについて、基本的なサービス内容と実際に使用した事例、金融機関との関係などについて説明しました。ご参加頂いたお客様の中にはフィンテックという言葉を初めて聞く方も多く、真剣に聞いていました。

 ㈱TKC笹本氏からはフィンテックを使用したFX2活用方法、特にインターネットバンキング契約があれば預金の取引内容を自動的にFX2等に読み込むことが出来る機能について案内させていただきました。       

ここに文章を入力してください