静岡県牧之原市の畑義治会計事務所
税理士・会計事務所をお探しなら

ブログバナー

所長コラム

松下政経塾〈五誓〉 の教え

                           所長 畑 義治

イメージ画像

  皆様におかれましてはご健勝のことと存じます。

 松下政経塾には、基本理念として建塾の精神である「塾是」をはじめ、塾生の心構えを定めた「塾訓」や、塾生の行動指針である「五誓」があります。今回は「五誓」についてご紹介させていただきます。

「五誓」とは・・・

素志貫徹の事

すなわち初志を貫くことが、結局は成功の可能性を高める道であり効率的であるといわれています。初志を貫く中で遭遇するであろう苦労や苦難、心配はリーダーとしての宿命です。成功を得るために代償を払ったり、辛抱を強いられる事は当然で、そうした辛抱も生きがいと感じていられる人が成功します。逆に多少の苦労や困難もない人生は寂しいものです。まずは初志を持つこと、そして今日ほど成功しやすい時代はないと思って勝つまで努力を続けることが大切です。

自主自立の事 

何事も自らの熱意が基本であるという教えです。新たな発想や着想は熱意をもって考え抜いたときに浮かぶ物であり、幸運や縁も持つのではなく自ら掴みにいくものです。進退が窮まれば人は強く、力を発揮できていない人はまだそこまで自らを追い込んでいないということです。

万事研修の事

成功のための教訓は至る所にあるという教えです。行儀作法、挨拶や掃除など日常の所作はすべての基本であり、これらをおろそかにして成功はありません。顧客や取引先に接する際にも、相手が感動するような手紙を書く、かゆいところに手が届くサービスをさせていただく、そうしたことを通じて人の機微を学んでいくのです。自分に面白くないことでも、誰かの役に立っているといことを忘れずに、先のことのために今日のことをおろそかにしないことです。

先駆開拓の事

既成のものや考え方に満足せず、絶えず新しいものを創造しようとする事です。これまでに学んできた知識にとらわれず、百歩先、十歩先の先見性を大切にしつつも、まずは一歩先の現実をよく見ることが重要です。そのうえで、「これをやるべきだ」ということに対して自らが立ち上がることです。

感謝協力の事

文字通り常に感謝の心を持って互いに協力しあうことです。まず、腹が立つことでも感謝に変えたりプラスにとらえたりできるように、自分の心を使いこなすことが重要です。部下や後輩を含め相手の長所も短所も受け入れ学ぼうつすること、お互いに誠実に奉仕しあうことが、感謝と協力に繋がっていきます。また、嬉しいことはいつまでも心に残し、悲しいことには執着しないことも、そうした気持ちを持続させます。他人の評価ではなく自己観照を第一とすることで、自ずから謙虚な気持ちが生まれ、感謝と努力が促されるのです。

 昭和を代表する経営者の一人である松下幸之助さんが亡くなって30年近くになりますが、今でも私達の心に残る教えを頂けています。